クレジットカード会社への反応が遅れる場合も

クレジットカードは、利用した場合にすぐ反応して、どれくらいの金額を使ったのか履歴が残されます。後から間違えて利用している場合には、削除されることもありますが、大半の場合はそのまま処理するようになります。クレジットカードの履歴ですが、オンラインカジノから反応が遅くなっている可能性もあり、1週間程度のラグが生じてしまう場合もあります。

オンラインカジノは海外の会社のために時間がかかる

海外で利用されているフォームの場合は、オンラインカジノだけでなくネットからカード会社に情報が届く時間が遅くなっています。日本でも海外の会社が提供して、クレジットカードを利用可能にしているサービスは反応が遅いとされていて、かなり遅い手続きをされてしまいます。実際に手続きが遅くなっている場合には、支払月が変わっていく可能性もあり、3ヶ月後くらいにようやく請求が来ているなんてこともあります。
時間がかかってしまう要因としては、海外の会社が処理に手間取っているからです。普通は自動的に処理されていきますが、自動処理のタイミングが遅くなっていて、思っていた以上に時間が必要となってしまいます。処理が遅れてしまうと、すぐにカード会社に情報が行かなくなっていて、結果的に処理が遅れてしまいます。
1週間以上遅れている場合には、影響が強くなっていくのです。支払月が変わってしまったり、反映されていないので金額がわからないようになってしまい、クレジットカードの請求に対応できない可能性も高くなってしまいます。

ドルを円に変える作業にも時間がかかっている

もう1つの問題は、ドルを円にしてから支払いを行うこととなりますが、この作業にもかなり時間が必要とされています。すぐにレートによって判断されていますが、レートが動いたタイミングで処理が間違っているなどの問題で、正式な金額が表示されるまでに結構な時間を必要とています。これがクレジットカードの反映を遅らせてしまっています。
オンラインカジノの場合は、本来使っているタイミングと、クレジットカード会社が把握している時間が異なっているので、このタイミングでレートの違いが生じてしまう場合もあります。返金されたり、新しく処理されることも結構あります。
クレジットカードを利用している人は、すぐに確認しておきたいものですが、確認しても情報が出てこないケースもあります。ドルを円に変えるだけでも、実は結構時間が必要です。