アイウォレットは元々日本人が経営に関与していた

アイウォレットは、香港の企業として作られていて、実際にネットでお金をやり取りできるサービスを提供しています。サービスを提供することができるようになり、多くの人がネット上のギャンブルを遊べるようになりました。オンラインカジノとしても良い企業なのですが、実は日本人が参加していた会社で、一時期経営に関与していました。

アイウォレットが日本語に強い理由でもある

日本人が参加していたことで、アイウォレットは日本語のサービスが丁寧に行われています。かなり読みやすいように作られていて、安心してサービスを使えるようになっていました。サービス自体の安心感を持っていることも、アイウォレットにとって良いものですが、日本語のサポートが充実しているのは大きいです。
参加していたことが、日本語をしっかり記述できるようになるメリットとなったので、結果的にアイウォレットはエコペイズよりも日本語を読みやすい状態となりました。日本語を利用したいと思っている方に、より使いやすいサービスとなったことはかなりいいところでもあります。
英語での記述を中心としているサイトではありますが、日本語でも読むことのできる部分がしっかりあって、登録から利用までスムーズに行えることは良いものです。日本人が関与していたことのメリットは大きく、より日本人に使いやすい会社となっています。

日本人が経営から離れて色々と指摘される部分も

アイウォレットの経営から、日本人は既に離れています。またイギリスの企業に売却されているという話も出ており、香港で作られているはずが、ヨーロッパ系の企業に変わってしまっているのです。サービス自体に変わっているところはありませんが、イギリスの企業に売却されているとなれば、突然サービスが変わってもおかしくありません。
何よりも気になるのは、売却したことによって信頼性に問題がないのかという話です。信頼できるような企業であればいいですが、信頼できるような状況にならないのであれば、それは大きな問題となってしまうでしょう。
現時点で、アイウォレットでの問題が起きていることはありませんし、安心して利用できる良さを持っています。日本人が経営に入っていた頃のほうが安心できたのは間違いありませんが、現時点でオンラインカジノでの利用は普通に可能となっています。オンラインカジノが手を切るまでは、まだ使うことのできるサービスと思って利用しましょう。